キャッシングの分かりづらい金利の計算方法

キャッシングする時に気になることの一つが金利ですね。消費税などは単純な計算でいいですけど、キャッシングでよく表記されている年利という表現に一体いくら払えばいいのか分からなくなってしまいます。

キャッシングの金利が年利18%の業者で1万円を借りたとします。単に18%で計算すると1800円になります。でもまさか、これを1ヶ月で支払わなくてはいけないわけではありません。

年利というのは1万円を1年間借りたまんまで元金が1円も減らない状態であったなら、1年で支払う金利が1800円になるということです。
でも借りたお金ですから当然ですが返済していきますよね。最初の1ヶ月で返済する金利は、1800円を365日で割ったあとに借りている期間の30日をかけた額になりますので約148円が金利となります。

ここで千円と利息を支払ったとすると、30日後には残りの9千円に対して年利18%がかかりますので、次の月の金利は約133円になります。このように借りていたお金は返済によって残高が少しずつ減りますので、毎月支払う金利は少しずつ減っていくことになります。

年利の1%の違いは1万円の借入では年で100円の違いと小さく感じます。ですがまとまった額を借りる場合には1%の金利差で年間支払う金利は大きく変わってきますので、少しでも金利が安い業者のほうがトータルで支払う額も抑えることができます。また少しでも早く返済することで支払う金利も違ってきますので、なんとなく借りて返済するのではなくて自分できちんと金利を計算して把握するということが重要になってきます。